蒲原のいわし削り節

蒲原の削り節のはじまり

地元では売れなかったいわし削り節

 いわし削り節は大正の初期、岩渕(現在、静岡県富士市岩渕)の魚問屋望月宇吉(魚政)が取引をしていた備前福山市の安部商店の安倍和助から、魚政支店であった蒲原(かんばら:現在、静岡県清水区蒲原)の西尾栄太郎のもとへ初めて委託販売として送られてきました。

 しかし当時、蒲原ではいわし削り節の売れ行きは良くありませんでした。

 その理由としては、

・蒲原がある静岡県には西伊豆と焼津という“かつお節の産地”がある。
・かつお節の節けずりで削ったくずものを「けずりっこ」といって安く売っていた。

ということが考えられます。

 さらに、もともと蒲原ではいわし煮干しでダシをとるという文化も盛んではありませんでした。
 そのため、これも売れなかった理由の一つとして考えられます。

 しかし御殿場や農村の方面でよく売れるようになり、送られてくる削り節が注文に間に合わなくなってきました。
 そのため、西尾はその製造をすることにしたとのことです。


削り節産地の誕生

 大正8年頃、西尾は大阪に赴き、特許申請中のその当時最新式の機械を一台購入してきて、岩渕(旧富士川町)にて動力を使って製造を始めました。

 これが旧庵原郡(いはらぐん:蒲原町、富士川町、由比町)における削り節製造の最初となりました。

 それに蒲原の大岩妙太郎、久保田虎松らが続いて大阪より削り節製造機を購入し、動力を使って製造を始め、やがてこの一帯が静岡県の削り節の中心地となりました。

 この大岩と久保田が製造を開始したことが、蒲原での削り節の始まりといえます。

 その後、関東大震災(1923年)による食糧不足も重なり、削り節は大量に売れるようになりました。
 蒲原では業者数十戸、削り機も50台となり、電力を利用して製造するようになったということです。

<参考資料>
・『蒲原削り節の歴史』蒲原商工会より
・『削りぶしについて』益子四郎、1975年
・『川の道』「富士川・釜無川・笛吹川流域の水運」
・『蒲原町史』

営業カレンダー
  • 今日
  • 休業日(出荷不可)
  • 受注のみ

<営業時間のお知らせ>
営業時間 9:00~17:00(休日:日曜祝祭日、第2・第3土曜日)
インターネットでのご注文は24時間受け付け中です。
営業時間外のメール返信は翌営業日になります。
※休業日の出荷は行っておりません。

<夏季休業のお知らせ>
8月13日~16日まで夏季休暇となります。8月12日午後2時以降のご注文は8月17日以降の出荷となります。ご了承ください。


QR



お取り寄せネット太鼓判

楽天ID決
済

ページトップへ