いわし削りぶし豆知識

はじまりは「いわし削り節」

削り節のはじまり

 削り節の生産は明治末期から大正にかけて始まりました。
 
 当時は豊後水道(九州の大分県と四国の愛媛県に挟まれた水道)と長崎の五島列島でいわし、さばが大量に漁獲され、これらは干物や肥料に使われていました。
 これに目をつけ、鰹節の製法「焙乾(燻製しながら乾燥する技術)」を応用していわし節、さば節を作り、ふりかけ原料やだし用の削り節が作られるようになりました。

 大正初期、備前(広島県)福山市の魚問屋・安部商店の安倍和助が、その当時はほとんどが肥料となっていた乾イワシを削って売ったところ大当たりとなり、1912年(大正元年)ころには福山に大工場を建設し、生産を機械化して大発展を遂げました。
 これが日本における削り節の始まりであり、いわし削り節が削り節産業のはじまりでありました。

 ちなみに、昭和23年頃は「花かつを」とは鰹節だけではなく、さば、いわし等を花状に削ったものはすべて「花かつを」という名称で売られていたようです。
 食品表示に今ほど厳しくない当時のことです。
 多分、「いわし」よりも「かつお」と言ったほうが高く売れたからこのように読んでいたのではないでしょうか。

 ちなみに今、魚であることに変わりないと言って「いわし削り節」を「花かつお」と言って販売したら食品偽装になってしまいます。

 小えびを桜えびと言って販売することと同じですね。

営業カレンダー
  • 今日
  • 休業日(出荷不可)
  • 受注のみ

<営業時間のお知らせ>
営業時間 9:00~17:00(休日:日曜祝祭日、第2・第3土曜日)
インターネットでのご注文は24時間受け付け中です。
営業時間外のメール返信は翌営業日になります。
※休業日の出荷は行っておりません。

<夏季休業のお知らせ>
8月13日~16日まで夏季休暇となります。8月12日午後2時以降のご注文は8月17日以降の出荷となります。ご了承ください。


QR



お取り寄せネット太鼓判

楽天ID決
済

ページトップへ