桜えび豆知識

桜えびの正しい解凍方法

桜えびの旨味のもとは「グリシン」です!

 えびの旨味成分は、「グリシン」と呼ばれる成分です。
下の成分表にもある通り、桜えびにはこの旨味成分の「グリシン」がもちろん、豊富に含まれています。

素干し桜えび
(天日干し・乾燥)
100g中

ゆで桜えび
(釜揚げ)
100g中

生桜えび
100g中

煮干し桜えび
(きむき)
100g中

グリシン*2

3240mg

1080mg

680mg

-

*2 静岡県水産試験場の分析による。

 また、このグリシンは保湿作用、制菌作用、酸化防止作用があります。
そして、 肌の水分を保つ働きのあるコラーゲンのらせん構造をつくる主な成分でもあり、DNA(デオキシリボ核酸) と RNA(リボ核酸) にとって大切な成分です。肌のハリやうるおいを保つのに欠かせない成分であることがわかっています。そのため、肌の老化防止に役立つといわれており、美容関連の商品にも多数配合されています。
 さらに、グリシンは、血中コレステロールを低下させる作用があり、高血圧や脳卒中の予防に役立ちます。

桜えびの正しい解凍方法=グリシンを逃がさないこと!

 素干し桜えびは解凍の必要がなく、ゆで桜えびはパラパラにほぐれますのでグリシンが逃げてしまう心配もないですね。
ですが、生桜えびはどうでしょう?

 ただでさえ少ないグリシンを逃さず解凍する方法があったら良いと思いませんか?

  桜えびの旨味成分「グリシン」は、水に溶けやすいです。ですので、自然解凍すると旨味も一緒に水とともに流れでてしまいます。
そして、解凍時間が短いほどグリシンの流出は防げます。
そのため、短時間で解凍できる流水解凍ですと、旨味成分「グリシン」の流出を最小限に抑える事ができるのです。

 流水解凍する場合は、お湯ではダメです

 また、流水解凍をする場合でも、エビが直接、水に触れてしまうと旨味成分が流れでてしまいます。
ですが、カネジョウの生桜えびは袋に入っているので、流水解凍も簡単です。

商品カテゴリ

カテゴリで選ぶ

日本全国送料込み

ギフトを探す

お徳用を探す

価格で選ぶ

営業カレンダー
  • 今日
  • 休業日(出荷不可)
  • 電話注文可能。

<お盆休みのお知らせ>
8月11日~8月16日までお盆休みとなります。お盆中もご注文して頂く事ができますが、発送は休み明けの8月16日からとなります。

<営業時間のお知らせ>
営業時間 9:00~18:00(休日:日曜祝祭日)
インターネットでのご注文は24時間受け付け中です。
営業時間外のメール返信は翌営業日になります。
※休業日の出荷は行っておりません。

QR



お取り寄せネット太鼓判

楽天ID決
済

ページトップへ