桜えび豆知識

桜えびの栄養成分

桜えびは栄養たっぷり!

桜えびは、主に

・素干し桜えび(天日干し・乾燥)
・ゆで桜えび(釜揚げ)
・生桜えび

という3つの加工方法で加工されてお客様のもとにお届けされます。

他にも、昔ながらの伝統的な煮干し桜えび(きむき)がありますが、
最近では手間がかかるため、あまり作られません。

ここでは、それら桜えびはどれくらい栄養があるのか?を表にしてみました。

素干し桜えび
(天日干し・乾燥)
100g中

ゆで桜えび
(釜揚げ)
100g中

生桜えび
100g中

煮干し桜えび
(きむき)
100g中

エネルギー

297kcal

91kcal

88kcal

273kcal

たんぱく質

61.5g

18.2g

18.3g

59.1g

脂質

4.5g

1.5g

1.1g

2.5g

炭水化物

3g

Tr

0.0g

0.1g

ナトリウム

1,200mg

830mg

338mg

3400mg

カルシウム

2,000mg

690mg

680mg

1500mg

アスタキサンチン*1

2.56mg

1.47mg

7.15mg

-

グリシン*2

3240mg

1080mg

680mg

-

タウリン*2

2660mg

800mg

530mg

-

DHA
ドコサヘキサエン酸

310mg

100mg

-

150mg

*1 静岡県環境衛生化学研究所の分析による。
*2 静岡県水産試験場の分析による。
その他、*印が無いものは日本食品標準成分表による。

桜えびは目利きが命
小腹がすいたら桜えび

毎日少しずつ桜えびを食べてみませんか?

 上の表にある通り、桜えびは栄養たっぷりです。

 その中でも、カルシウム、アスタキサンチン、グリシン、タウリン、DHA(ドコサヘキサエン酸)の数値は特筆ものです!
 例えばカルシウム、水分が40%以上の食品ではベスト1に輝くほど!(参照サイト:栄養素別食品一覧

 カネジョウのお客様の中には、お年を召した方も多いです。
 その中には、素干し桜えびにカルシウムなどが多いので、毎日少しずつ、そのままポリポリと食べていらっしゃるということです。

 皆様も小腹が空いたら、塩も調味料も使っていない無添加の素干し桜えびをおやつにいかがでしょうか?

もし「素干し桜えび」のみをお買い求めの場合、レターパック便が送料無料でお得です!詳しくはコチラから。

商品カテゴリ

カテゴリで選ぶ

日本全国送料込み

ギフトを探す

お徳用を探す

価格で選ぶ

営業カレンダー
  • 今日
  • 休業日(出荷不可)
  • 電話注文可能。

<お盆休みのお知らせ>
8月11日~8月16日までお盆休みとなります。お盆中もご注文して頂く事ができますが、発送は休み明けの8月16日からとなります。

<営業時間のお知らせ>
営業時間 9:00~18:00(休日:日曜祝祭日)
インターネットでのご注文は24時間受け付け中です。
営業時間外のメール返信は翌営業日になります。
※休業日の出荷は行っておりません。

QR

お取り寄せネット太鼓判

楽天ID決
済

ページトップへ