カネジョウの紹介

会社概要・沿革

会社概要

会社名

株式会社カネジョウ Kanejo Co.,Ltd.

創業

1938年7月

設立

1989年9月1日

資本金

2000万円

代表者

代表取締役 望月啓一

所在地

本社
〒421-3211 静岡県静岡市清水区蒲原新田2丁目8-13
TEL 054-385-6181/FAX 054-385-6232
MAIL info@kanejo.jp

決算期

8月

事業内容

15人(2015年9月現在)

従業員数

水産物製造加工販売業
a.サクラエビ・小エビ・その他エビ類の選別・業務用選別
b.サクラエビ・小エビ・その他エビ類の個別包装・業務用包装
c.サクラエビ・小エビの釜揚げ加工・選別
d.チリメン干し・シラスの釜揚げ加工・選別
e.各種削り節の製造加工・個別チッ素充填包装・業務用包装
f.各種乾燥海産物の粉砕
g.各種乾燥海産物パック(ティーバックタイプ)の小分充填
h.各種オリジナル商品の研究・開発
i.各種海産物の店舗販売・通信販

取扱品目

a.サクラエビ(『駿河湾桜えび』・台湾産サクラエビ)
b.小エビ(国産・外国産)
c.サクラエビ・小エビの粉砕品(国産・外国産)
d.各種削り節
e.各種だしパック
f.チリメン干し・シラス(国産・外国産)
g.各種生鮮食品

許認可

魚介類販売業 営業許可
『駿河湾桜えび』使用許可(使用許可番号 駿河K-012)
そうざい製造業

所属団体

静岡県桜海老加工組合連合会、蒲原桜海老商業協同組合
静岡県削節組合

受賞歴

◯「カネジョウのいわし削り節」
・料理通信『第一回お宝食材コンテスト』選定
・第21回 全国水産加工品総合品質審査会
      『全国水産加工業協同組合連合会会長賞』受賞
◯「板前のまかない飯 昆布いわし」
・第23回 全国水産加工品総合品質審査会
      『全国水産加工業協同組合連合会会長賞』受賞
◯「駿河湾産焼き桜えび赤」
・第24回 全国水産加工品総合品質審査会『東京都知事賞』受賞

従業員数

15人(2015年9月現在)

沿革

1938年
(昭和13年)

7月

静岡県庵原郡蒲原町(現静岡市清水区蒲原)にカネジョウ望月商店創業。
桜えび、鰹なまり節、蒲鉾の製造加工販売を開始。

1950年
(昭和25年)

11月

削り節の加工販売を開始。

1954年
(昭和29年)

10月

カネジョウ望月商店から削り節事業を引き継ぎ、カネダイ望月商店を開業。

1970年
(昭和45年)

9月

カネジョウ望月商店、カネダイ望月商店が合併。社名をカネジョウ望月食品に変更。桜えび、削り節の製造加工販売を開始。

1982年
(昭和57年)

3月に「細けずり」、5月に「おかか」を、そして11月に「ふくよ香」(現「磯ふぶき」)を新発売。

1989年
(平成元年)

4月

カネジョウ本社直営店を改装。

9月

社名をカネジョウ望月食品から有限会社カネジョウに変更。
(資本金1000万円)

1999年
(平成11年)

7月

望月庫次会長就任、望月啓一代表取締役就任。

2002年
(平成14年)

12月

社名を有限会社カネジョウから株式会社カネジョウに変更。
資本金を2000万円に増資。

2003年
(平成15年)

4月

静岡県庵原郡蒲原長蒲原(現静岡市清水区蒲原)に、日の出工場が完成。

2005年
(平成17年)

6月

だしパックシリーズを新展開。

2006年
(平成18年)

1月

日の出工場の冷凍庫設備を増設

4月

カネジョウ本社直営店を改装。

2007年
(平成19年)

3月

地域ブランド『駿河湾桜えび』の商標登録に伴い、使用許可取得。(使用許可番号 駿河K-012)

2009年
(平成21年)

3月

「いわし削り節」が料理通信社『第一回お宝食材コンテスト』に選定される。

商品カテゴリ

カテゴリで選ぶ

日本全国送料込み

ギフトを探す

お徳用を探す

価格で選ぶ

営業カレンダー
  • 今日
  • 休業日(出荷不可)
  • 電話注文可能。

<お盆休みのお知らせ>
8月11日~8月16日までお盆休みとなります。お盆中もご注文して頂く事ができますが、発送は休み明けの8月16日からとなります。

<営業時間のお知らせ>
営業時間 9:00~18:00(休日:日曜祝祭日)
インターネットでのご注文は24時間受け付け中です。
営業時間外のメール返信は翌営業日になります。
※休業日の出荷は行っておりません。

QR



お取り寄せネット太鼓判

楽天ID決
済

ページトップへ